不動産 値引きについて

不動産買うときは値引き交渉は必ずしましょう

不動産を買うときはできるだけ安く買うための交渉は必ずしましょうというか、必ずそのような話が出ます。
通常例えば2850万円で家が売っているとします。
50万円はまけてくださいといえば大体応じてくれます。
というか売る側もそのつもりで値段設定をしています。
できるだけ安く買いたいという思いが受け入れられればそれだけ得した感がますので購買意欲が増してい行くため値引きは必ず交渉しましょう。
中古物件を買う場合、売り主に交渉するというケースもありますが、その時の仲介の不動産やは同じようなアプローチをして値引きします。
まず端数をまけてくれと交渉します。
それがオッケーであると今度はさらに50万円、さらに50万円と値下げの交渉をしていきます。
最終的に70万円くらいはまけてくれるケースがあります。
売り手と買い手の不動産会社が違うと、営業の人の腕にもよりますが、営業トーク全開で攻めてくれるやり手の人もいるので、強気にどんどん出ることができ、さらに値引き額が増えていくことが期待できます。
逆に同じ会社であれば、そこまで強く出られないということもあるので、安く買いたい人はその点も調べておくと良いでしょう。

Copyright(c) 不動産 値引き All Rights Reserved.